50周年プロジェクトの概要

2021 年11 月、私たちの団体の前身となる「千葉おやこ劇場」が誕生して50 年を迎えます。
子どもに人間らしい喜怒哀楽や驚きを体験させたい、
たくましい創造力をもった人間に育ってほしい、という願いをもって全国的に拡がった活動です。

生の舞台芸術を親子で鑑賞すること
子どもの遊び体験・普段の生活ではできない野外体験など
子どもたちの成長に何が必要かを常に考え、長年活動を継続してきました。
発足当時から比べると、子どもを取り巻く環境は大きく様変わりしましたが、
「子育ち・親育ち」に大事なことは変わらない、というのが実感であり、
活動の理念は色あせることがありません。

50 周年を迎えた2021 年度は
PLAY(遊ぶ)×PLAY(演じる・劇を観る)と題し、
関連した子どもの体験活動と記念公演「森は生きている」を実施します。

50 周年記念公演舞台劇『森は生きている』(劇団仲間)
2021 年12 月12 日(日) 千葉市民会館大ホール
~世界中の子どもたちの心をとらえ
     大人の胸をうった感動の名作~

劇団員による演劇ワークショップ
・幼児~大人まで:「森は生きている」の世界を体験してみよう!
・小3~大人まで:「森は生きている」台本を読んでみよう

記念公演のカーテンコールにて劇団員と共演
「十二(つき)の歌」を手話うたで歌おう

たろやまの郷(四街道市)ハイキング
春夏秋冬の「森」を体感し、お芝居の世界とつながろう

焚き火を囲もう
ゆらめく炎を見つめながら、集まった多世代の人との交流

50 周年プロジェクト・寄付金付きオリジナルグッズ販売中
・ボールペン・トートバッグ・Tシャツ・缶バッチ・卵型クッキー

~~~50 年のあゆみ~~~

1971 年
千葉おやこ劇場誕生
1984 年
千葉市・四街道市・佐倉市に分ける
1987 年
千葉市を分ける~行政区に一つを目指して~
『千葉中部』(花見川区・稲毛区・中央区・緑区)
『千葉東』(若葉区)
『千葉西』(美浜区)
1991 年
千葉中部を『千葉北』『千葉なかよし』に分ける
*千葉北(花見川区・稲毛区)
*千葉なかよし(中央区・緑区)
1996 年
中央区におやこ劇場をつくるプロジェクトがスタート
1998 年
千葉中央おやこ劇場誕生
2002 年
NPO 法人千葉中央おやこ劇場設立
ページのトップへ戻る